避妊・去勢手術

避妊・去勢手術について

避妊手術では、メスのわんちゃんやねこちゃんの子宮・卵巣を取り除きます。また、去勢手術では、オスの精巣を摘出します。どちらも本来は望まない妊娠を避けるための処置ですが、実は様々な疾患を防ぐことができ、しつけの面でもメリットがあります。繁殖を望んでいる場合を除き、基本的には避妊・去勢を検討されることをお勧めいたします。

避妊・去勢のメリットとデメリット

メリット

避妊(メス)

・望まない妊娠を防ぐことができる。
・乳腺の腫瘍を予防できる。
・子宮や卵巣の病気を予防できる。
・発情時の鳴き声がなくなる。
・発情時の出血がなくなる。

去勢(オス)

・攻撃性が低下し、穏やかな性格になる。
・尿を撒き散らすスプレー行為やマーキングをしなくなる。
・縄張り意識が減り、ケンカしにくくなる。
・精巣や前立腺の病気を予防できる。

デメリット

避妊も去勢も肥満になりやすくなるというデメリットがあります。そのため、手術を受けたわんちゃん・ねこちゃんは、食事や運動をきちんと管理してあげることが大切です。また、既に太っている場合は避妊・去勢によってさらに肥満が進み、生活習慣病になるリスクが高まるため、手術を必ずしもお勧めできないこともあります。

避妊・去勢手術を受ける時期

生後6~7ヶ月(初回発情前)が、避妊・去勢手術を受ける最適な時期となります。メスの場合は、初回発情前に避妊手術を行うことで乳腺腫瘍を高い確率で予防できることが明らかになっています。また、オスの場合はスプレー行為やマーキングをする癖を予防することに繋がります。

ただし、大人のわんちゃん・ねこちゃんでも手術を受けることは可能です。その場合、メスは発情中を避けるようにします。また、年齢や体力によっては事前の精密検査が必要になることもあります。

当院の避妊・去勢手術

そもそも避妊・去勢手術を受けるべきか、受けるとしたらどのような点に注意すべきかなど、飼い主さんが安心してペットと暮らしていけるためのアドバイスをさせていただき、その上で手術を受けるか受けないかを一緒に決めていくようにしています。特に初めて動物を飼われた方や、これまで避妊・去勢手術を受けたことのない方は、勝手がわからず不安かと思いますが、丁寧にご説明させていただきながら進めていきますので、安心してご相談ください。

  • クリニックブログ Blog
  • ゆたか動物病院 Facebook

022-262-4038 メールはこちら